OnemakerのFXブログ

個人トレーダーがFX等について綴っていきます

パチンコの大当たり確率

機種ごとの大当たり確率はROMに記録されており、メーカーから出荷された時点でこれを変更することは法的にできないことを前述しました。 インターネット上の情報でそれを知った私は、「大当たりの確率がROMで固定されているのであれば、累計大当たり回…

パチンコホールの控除率

パチンコホールの控除率(ホール側の利益)はおおむね15%~20%と言われています。 具体的には、あるパチンコ台のボーダーラインが250玉あたり20スタートだとすると、16~17スタートになるよう釘を調整しているということです。 よって、客の側は1万円投資す…

パチンコ台のボーダーライン

パチンコをやったことがない人のために説明すると、パチンコ台には機種ごとにボーダーライン(損益分岐線)というものがあり、250玉(250玉×4円=1000円)投資したうち、何玉が大当たりの抽選を行うスタートチャッカーに入るかを数えることで、その台を打ち…

パチンコ投資について(2)

パチンコ投資の収支の記録です。 やるからには勝つために手を尽くそうと思い、収支は1台も欠かすことなく、1円単位で正確に記録に残していました。

パチンコ投資について(1)

私は、株やFXのトレードで全く成果が出ずに苦しんでいた頃、何かトレードで勝つためのヒントが得られないかと、同じく「不確実性に対する投資」であるパチンコと競馬を、それぞれ4年ほどやっていました。 その経験について、今後何回かのブログで振り返り…

リスクリワードレシオと損益0ライン勝率

リスクリワードレシオとは、利益と損失の比率の数値であり、この数値を元に、勝率が何%であれば損益がプラスマイナスゼロ(損益分岐点)になるかを求めることができます。 計算式は以下のとおりです。なお、利益額、損失額は手数料やスプレッド等を含めた金…

トレードに見逃し三振は無い

野球で、ストライクを3球見逃すとアウトになりますので、打ちやすい球をいつまでも待っていることはできません。 一方トレードでは、トレードの機会を何度見逃しても、エントリーしなければ損をすることもなければ退場することも無いので、いつまででも機会…

トレードで勝つためのメンタルとは

「トレードで勝つためにはメンタルが重要」とよく耳にしますし、それは事実だと思います。 「負けを認めたくないため、ロスカットしない、又はストップ(逆指値)を遠ざける」 「負けを取り返そうと無理なロット、レバレッジでトレードをして、さらに損を広…

「攻め」よりも先に「守り」を固める

トレーダーは、それぞれのトレードルールを持っていると思いますが、そのルールは「攻め」(エントリー)のルールと、「守り」(決済)のルールに大別されます。 この二つルールのうち、より重視すべきなのは「守り」(決済)のルールです。 いくらエントリ…

自分をコントロールする

企業に勤める為替ディーラーであれば、過去から蓄積されたトレードルールに従って取引を行い、定められたリスク管理のルールに基づき上司から厳しく監視されているため、組織的に守ってもらえます。 しかし、個人トレーダーは、全てを自分で決め、自らをコン…

誤清算に伴う損益修正

前回のブログで書いた日経225先物CFD2020年6月限の清算値について、何度ホームページの決済情報や記載事項の解説を読んでも、22557.5円で清算されるのはおかしいと思い、週末にIG証券にメールで問い合わせをしておきました。 週明けの今日、電話とメールでお…

「無知」というリスク(日経225先物)

写真は、日経225先物2020年6月限の6月12日現在のポジションです。 売りポジションが含み益となっていました。 出所:IG証券 ちなみに、日経225先物2020年6月限の最終売買日時は2020年6月11日15時15分ですが、私の利用しているIG証券は相対取引のCFDであるた…

資金管理について

新たにトレードを始めた人のほとんどは、「資金管理」という言葉にたどり着く前に退場しているのではないでしょうか。 私も初心者の頃、「資金管理」という言葉も知らず、何のルールも設けていなかったため、容易に立ち直れないほどの損失を被ってしまったこ…

一連のトレードを終えて

今回のトレードは、コロナショックによる原油価格の暴落を受け、値を戻しつつ上昇トレンドとなることを期待して「買い」で臨みました。 リスクを限定するため、最初のポジションは1枚からはじめ、含み損となればロスカットし、含み益となればポジションを徐…

すべてのポジションを決済(WTI原油先物)

昨夜は、直近高値を更新する26.70$で大きく30枚をロングし、ストップを平均単価よりやや上の25.40$に置いて就寝しました。 夜中の1時過ぎに目が覚め(大きめのポジションを持ったまま寝ると自然に目が覚めてしまう)、ポジションを確認したところ、ストッ…

2020年5月7日現在のポジション(WTI原油先物)

昨日は結局、安値22.55$まで下落して、いくつかのポジションがストップにかかって失われました。 その後再び上昇に転じたので、ロングポジションを追加。 もっと大きなポジションを取って勝負したい気持ちもありますが、裏目に出れば含み益がゼロとなってし…

2020年5月6日現在のポジション(WTI原油先物)

26.00ドルの高値をつけてから2.00ドル近い下落がありました。 ロングポジションの追加を何度か試みましたが、いずれも損切り又は建値撤退となっています。 ストップはそれぞれのポジションの約定レートに置くこととしました。 大きめのドローダウンがあって…

2020年5月5日現在のポジション(WTI原油先物)

これまでにも、トレンドが逆行して全てのポジションが決済され、「あの時利確しておけば・・・」と思うことが何度もありました。 今回もそうなってしまうのでしょうか? WTI原油先物($5)2020年6月限 出所:IG証券

2020年5月4日現在のポジション(WTI原油先物)

新たに1879.0で1枚ロングしましたが、ストップは1383.5との平均である1632.0に置きました。 ストップが執行されても、1100.0のポジションは維持することができるためです。 WTI原油先物($5)2020年6月限 出典:IG証券

2020年5月1日現在のポジション(WTI原油先物)

トレードをしていて悩むのが、「ストップをどこに置くか」です。 自分の場合は、「含み益のポジションが含み損になる前に決済する」のを前提としています。 そのうえで、追加のポジションを持った際、そのストップを平均約定レートに置くと、ストップが執行…

2019年1月3日フラッシュクラッシュ

1月3日の早朝、ドル円が10分足らずの間に約400pips暴落する「フラッシュクラッシュ」が発生しました。 私はたまたまリアルタイムでチャートを見ており、この貴重な瞬間を目の当たりにすることができました。 私のこの時の注文状況は、保有ポジションは無く、…

テクニカル分析について

FX会社からは多種多様のテクニカルインジケーターが提供されていますが、皆さんは何を使ってみえるでしょうか。 私自身は、単純移動平均線の25期間を参考程度に表示させていますが、それを用いてエントリーすることはありません。 つまりは、テクニカル分…

トレード関連の本について

私は、何とかしてトレードで勝てるようになりたいとの思いで、関連する本を100冊近く読みました。 幸い、自宅の近所に比較的規模の大きい図書館がありましたので、ほとんどの本はそちらで借りて読んだものです。 これまでに読んだ本の中から、個人的に良かっ…

ロスカットについて

(証拠金不足による強制ロスカットと混同しやすいですが、ここで述べているロスカットは、自分の意思で置くストップ(逆指値)注文のことです) 私は、エントリーの注文を出す際は、必ずセットでロスカットのためのストップ注文を付けるようにしています。 …

有料の情報商材、システム(プログラム)等について

ネット上で、「必ず儲かる」とうたって、FX、バイナリーオプション、株取引などに関する情報商材やシステム(プログラム)等が有料で販売されているのをよく見かけます。 私自身は、これらの有料情報等にお金を払ったことはありません。 市販の書籍程度な…

株・FXとギャンブル(トレード)依存症

以前の私は、株やFXの取引をしていて、 ○ いつもポジションを持っていないと落ち着かない ○ 頻繁に(手当たり次第に)取引をする ○ 常に携帯・スマートフォンで株価・レートをチェックする ○ ポジションが気になって他の事に集中できない ○ トレードすれば…

資産運用とギャンブルの定義

世間一般では、 資産運用 = 投資信託、株式、不動産などへの投資 ギャンブル = 競馬・パチンコなど と定義していると思いますが、私の考えはこれらとは異なります。 世の中には、ごくわずかですが、競馬・パチンコで継続的に利益を上げている人たちがいて…

資産運用とギャンブルの共通点

私は、株取引やFXの経験を積む過程で、それら資産運用と、競馬・パチンコなどのギャンブルとの共通点に気が付きました。 それは、「将来、儲かるか儲からないか分からない不確実な物事に、自己資金を賭ける。」という点において、投資信託、株式、FXなど…

株取引からFXへ転向

私は、現在はFXを主にトレードしていますが、最初の投資は株取引から始めました。 その後、投資を始めて7年目に株からFXに転向したのですが、その理由は、自分にとってFXの方がリスクが少ないと思ったからです。 というのは、株式は証券取引所が開い…

投資は自己責任

投資(トレード)における自己責任とは、損失の原因が100%自分にあることを受け入れるという事です。 しかし、ネット上の株やFXの掲示板に投稿されているコメントを見ると、トレードで損をした理由を、自分ではなく、他に責任転嫁している人をよく見かけ…